ペットの供養の仕方

ペットの供養の仕方

飼育していたペットがなくなった場合にはその供養をしてあげないといけませんが、供養の仕方に特に決まりはありません。人間のように葬儀を出さなければならないということがないため、何もしなかったとしても問題ないからです。しかし、家族同然にペットと接してきた人にとっては人間と同じように供養をしたいと思うのが普通です。その場合におすすめなのはペット霊園です。一般的な霊園のように墓石を建てて納骨をするというものです。この場合には結構な費用がかかることもありますが、家族のお墓にペットの遺骨も入れるケースも増えるなどその部分は変わりつつあります。

 

手元で供養をする方法ですが、この場合は自宅で葬儀を行うような形になります。といっても、ペットを供養してくれる専用の業者がやってきて、ペットを引き取り骨の状態にして返すような形です。よくあるのはペンダントなどにして持ち歩くケースですが、この場合もちゃんとした供養にはなります。自宅に置いておくことが一番ですが、人間と同じように接してきた家族にとっては人間と同じように供養したいと思う人がいるのも事実です。その場合には霊園という選択肢が必要です。

 

最後に自然に還す、自然葬という方法です。墓石ではなく木を植えることで新たな命を宿すような形にできます。また海などに骨を流す、大好きだった場所で撒くというのも1つの方法です。家族にとって一番納得できる方法、そして思い出を壊さないようにする方法を考えた際に生前楽しく遊んでいた場所で撒くというのも考え方としては正しいです。問題は遺骨を撒くなどの許可をとることです。勝手に撒いたり植えたり、埋めたりする行為は許可なしにやってはなりません。そのあたりに注意が必要となります。

 

業者にお任せしてやってもらうことやペット寺院のような場所にお任せするのもおすすめです。悲しい気持ちはあれど、区切りをつけて悲しみから解き放たれるには供養はしっかりとしてあげないといけないです。

page top