犬と猫どっちが飼いやすい?

犬と猫どっちが飼いやすい?

犬と猫のどちらが飼いやすいかは一概には言えません。犬には犬の猫には猫の良さや行動の習性があり、飼う人たちにとってどちらのほうが合っているのかということに大きく関わってくるからです。したがって、それぞれの特徴について触れていきます。まず犬についてです。犬は一般的には人懐っこいです。

 

動物病院

 

触れ合いがたくさんできるのが大きな特徴です。室内で飼うのであれば頻繁に散歩に連れていく必要はありませんが、屋外で飼うならば毎日散歩に連れて行かなければなりません。屋外で飼う場合はトイレを家でしない犬もいるので一日2回は連れて行ってあげる必要があります。しかし最善なのは散歩とトイレがセットにならないようにすることです。もしこれらがセットになってしまうと散歩までの間、トイレを我慢してしまうことになりストレスとなります。ですので屋外県の場合は安全な場所にトイレを設置していつでも排泄できるようにしてあげるのがよいでしょう。また室内、屋外の両方に言えることですが、散歩には運動、ほかの犬との交流、風などの刺激を受けられる等様々な役割を果たしています。屋内で飼っている場合は家でトイレのしつけをされると思います。

 

散歩はあまり行かなくてもよいのでは、と考えられる方もいるかもしれませんが家の中だけではどうしても運動が足りなくなってしまいます。犬にはこのような特徴があり、それに合わせた生活となるでしょう。次に猫についてですが、猫は前者と比べて一匹で活動するようなタイプが多いです。先ほど述べた運動についても勝手に外に出て散歩をしていたりするので飼い主が何かしてあげるということは少ないです。しかし勝手に家の外に出られるようにしていると交通事故にあうというのも珍しくありません。そこは気を付けなければいけないポイントでしょう。特徴としてはいわゆるツンデレのような一面があり、たまに見せるデレがかわいいです。以上のことがそれぞれの特徴です。さまざまな面を鑑みてご自分に合ったほうを選ぶのがよいのではないでしょうか。

page top